修理しないでいると補償の問題にもなる水漏れ

自宅内において水漏れが発生した場合、素人目で見てそのレベルが軽微だと判断してしまうこともあると言われています。しかし、そのまま放置してしまうと、大変な損害を生み出すきっかけになる可能性もあるので絶対にやめましょう。

■少しの水漏れも無視しない姿勢が大切

少しであっても水漏れが起こったのを認知した場合、即座に修理を決断してください。特に怖いと言われるのがアパートやマンションなどに住んでいる人の場合です。このケースでは自分の家における被害だけではなく、他人の家にも被害を与えてしまう可能性があるのです。階下に別の住人が住んでいるわけですが、火災と同じように自宅から近隣へと迷惑をかけてしまう可能性が高いです。火災の場合には自宅よりも上の階の住民に迷惑をかけることが多いですが、水の場合には下へと流れていくので、階下の部屋も水浸しにしてしまうかもしれません。

■自分自身が修理費用を負担する可能性もある

この場合、保険などでカバーできるケースもありますが、全額を自分自身で補償しなければならないこともあるのです。つまり、水漏れを認知しながら修理を先延ばしにしてしまうことで、その代償は大きなものになる可能性が出てきます。このように自分の問題だけでは終わらないのが水漏れトラブルですから、たとえ些細な水漏れであってもそこにはリスクがあると考え、少しでも早く修理をした方が良いです。業者に依頼すれば即日対応してもらえることがほとんどなので、最小限の被害でトラブルを解決できます。

■まとめ
世の中の一部には水漏れトラブルというものを自分自身の問題ととらえていない人や大きな物事と考えていない人もいます。しかし、水漏れは経験する可能性が高いトラブルです。さらに、自分が被害を受けるだけではなく、他者に迷惑をかける可能性があるトラブルでもあるのです。階下の部屋を水浸しにしてしまえば大変な損害を賠償する可能性もあるので、その点も覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ